ゆゆゆなLIFE

いつかはふたり、45歳からのシンプルライフとバケットリスト

中古住宅リフォーム、こうして依頼する会社を決めました

こんにちは。今日はリフォーム会社選びのはなし。

家づくりや、リフォームを依頼する業者さんを選ぶのって誰しも悩みますよね。ちょっと情報としては古いけれど私の場合をお話しします。

 

こんな家に住みたい、から始まる

f:id:yuyuyup:20201201192748j:image

当時は未熟ゆえに、実現可能かとか、実用性よりも、とにかく木でできたナチュラルな、古道具とか作家物の器が似合うようなお洒落なおうちに住みたーい♪という気持ちが1番でした。

家を探すより前に、近くの建築会社さんやリフォーム業者さんのホームページを見たり、こんな部屋に住みたいなーと言う画像やインテリア雑誌の切り抜きを集めていました。けど検索したり雑誌などを見てもなかなかピンとくるものがありませんでした。

ちなみにその当時の理想は「散らかってても絵になる家」「好きなものに囲まれた暮らし」だいぶおイタいというか、夢見る夢子さんですね。

ふと読んだ文章からの出会い

ある時「住む。」と言う雑誌で、メインの特集ではなく後ろのほうのコラムのところに気になる記事を見つけました。今となってはよく覚えていないのですが、その内容に心に引っかかるものがありすぐに調べて、出会ったのが羽根建築工房さん。

www.hanebou.com

きれいな施工写真じゃなくて文章に心惹かれたのが不思議でもあり自分らしいなとも思います。

とにかくそこで建てられた家やリフォーム事例などがとても素敵で、ぜひお願いしたいと思ったのを覚えています。建築工房と言う名だけど、なんとも親しみやすくいい意味で敷居が低く、ここなら相談に乗ってもらえそう、と思いました。

実を言うと、その当時私の周りでは新築の建売住宅を購入する方が多く、木の家に住みたいなんて変かな、贅沢なのかな、と思ってもいたんですよねぇ。

けど諦めなくてよかった、あと私のわがままに賛成して好きにさせてくれた夫のYさんにはほんとに感謝してます。

どうやって選ぶのがいいか

結局のところ、選ぶ条件は人それぞれだとは思います。

ただ自分の場合は、こんな家に住みたい!と具体的にイメージして、家族や友達にも話してたように思います。(口に出すこと)そんな風にアンテナを張っていたらご縁がやってきたのかなと思います。

あとは、買い物でもなんでもそうだと思うけど最終的には人柄なんだと思います。

今だとInstagramとかPinterestとか、簡単に世界中の画像が探せるし、家探しにしたってもっと選択肢が広がってますよね。それに、これからの時代はきっと家が余ってくるのでマンションや中古住宅のリフォームはきっと需要が高いですよね。

我が家も今後、老後を見据えてこの家をさらに改修していくのか、はたまた減築?小さな家に越す?などなどその時々に考えて悩んで、選択していくつもりです。

そう、歳を重ねた今は、若いころとは違う観点で考えられるようになったってことです(笑)

 

リノベーション関係でとても勉強になる本。